学者が分析 尿検査がシロでも自白する沢尻エリカの心の闇

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMA所持で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)。逮捕当日に採取した尿の検査結果から薬物反応は陰性で不起訴の可能性も出てきたにもかかわらず、家宅捜索ではMDMAがアクセサリーケースの中にあることを捜査員に伝え、過去の薬物歴まで明かした。なぜペラペラと自白したのか。心理学者の富田隆氏はこう分析する。

「沢尻さんはパーソナリティーが素直で、言ってみれば根がいい人。『別に』発言も批判を浴びてすぐキャラが変わったところを見ると、本来の性格ではなく、その場で求められたからやっただけ。バッシング後の映画でも交渉の余地はあったはずなのに、大胆なヌードに挑戦。逮捕前にクラブで踊り狂うのも、主催者や仲間やクラブに来たお客さんへのファンサービス。沢尻さんは社会性が高く、サービス精神旺盛な“空気の読める人”といえます。その一方、刹那的で5年後、10年後といったビジョンが描けず、その場さえ良ければと快楽へと向かい、やめるだけのストイックさもなければ、依存を絶つ理由も見つからなかったのだと思われます。将来が見えない今、同じように刹那的にゲームや酒に依存している人は多く、彼女にはたまたま薬物という非合法の選択肢があったともいえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  10. 10

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る