城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

移籍時からあった疑惑…沢尻エリカ逮捕で事務所の責任は?

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMAの所持で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)だが、尿検査の結果は“陰性”と判定されている。

 通常、薬物案件では、違法薬物の使用と所持の2つで起訴されるケースが多いが、沢尻容疑者の場合は所持容疑だけでの起訴になる可能性が高い。

 一方、沢尻容疑者は警察の調べに対し、10年ほど前から大麻、LSD、コカイン、MDMAを使用していたことを供述している。家宅捜索の際も「ここにMDMAがある」と自分で申し出ており、素直に取り調べに応じ、すべてを語っている格好だ。

 結果論ではあるかもしれないが、沢尻容疑者の量刑は思った以上に軽い可能性が出てきた。本人が過去に薬物をやってきたと告白しても証拠が揃うわけもなく、立件されるのは今回のMDMAの所持のみ。それも自分が使用するためではなく、「預かっただけ」と主張されると、多くの求刑は難しい。すでに裁判の判決は懲役6月、執行猶予1年6月といった予想もささやかれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る