“もも時計”が話題の青山めぐ 1st写真集で美Fカップを披露

公開日: 更新日:

「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)の“もも時計”で話題の青山めぐ(31)がファースト写真集「Megu2020」(ワニブックス)を14日に発売した。今回、セクシーカットにも挑戦。「最初で最後の写真集になるかもしれないから、余すところなく出し切りました!」と明るく語った。

  ◇  ◇  ◇

 ――ブレークのきっかけは「月曜から夜ふかし」の“もも時計”だった。

「太ももに巻いた時計を見て時間を言うだけで、どこが面白いのかわからないまま収録は終わったんです。でもマツコさんが“めぐちゃん”って名前を連発してくださって。おかげでみなさんから声をかけていただくようになりました」

 ――美ボディーの秘訣はボクササイズ。

「格闘技観戦が好きで、ラウンドガールのお仕事をいただいたりする中で、今度は自分もやってみようと挑戦したらハマって。気がついたら番組で対戦して、受け身の練習までするほどになっています(笑い)」

 ――写真集のために体を絞ったとか。

「3カ月禁酒、ジムに週3回通って。もも時計のおかげで脚をほめてくださる方も増えたので、ウエートトレーニングも加えてメリハリのあるボディーラインづくりをするようにもなりました」

 ――お気に入りは森でのセクシーショット。

「ハワイの森で、裸で木をまたいだときは内心『これっ……大丈夫かな』って思ったけど、作品になったらとてもステキで、大満足です」

 ―――実は大の居酒屋好き。

「高円寺や大井町など、赤ちょうちん系の居酒屋が好きで、1人でも入ります。カウンターとかで“前もこのお店で会いましたよね!”なんて隣のオジサンとお友達になったりしています。大好きなのは麦焼酎。“麦焼酎の麦茶割り”なら無限に飲めます!」

 ――てっきりヒルズ族とパーティーかと思ったが。

「全然ー! 全部自腹で飲んでます(笑い)。見かけたら一杯おごってください♪」

(聞き手=岩渕景子/日刊ゲンダイ)

 =随時掲載

▽あおやま・めぐ 1988年、埼玉県生まれ。2013年にレースクイーンオブザイヤーを受賞。「月曜から夜ふかし」の“もも時計”で話題に。ラウンドガール、ドラマ、バラエティーなどで活躍中。

■読者プレゼント
 希望者は、はがきに①好きなタレント、嫌いなタレントとその理由②氏名③住所④電話番号⑤年齢⑥職業を明記の上、〒104―8007 日刊ゲンダイ芸能編集部「青山めぐプレゼント」係まで(3月31日必着)。賞品の発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る