東出昌大“公開処刑”会見 熟女リポーターの言葉責めに悶絶

公開日: 更新日:

 女優の唐田えりか(22)との不倫発覚から約2カ月。妻で女優の杏(33)との今後が注目される俳優の東出昌大(32)が、ナレーションを担当した映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」(20日公開)のトークイベントに登壇した。イベントはコロナウイルス対策で無観客で行われたが、騒動発覚後、東出が初めて公の場に登場するとあって、マスコミ約150人が集まり、会場はほぼ満席となった。

 イベント後、改めて囲み取材に現れた東出は沈痛な表情で「このたびはみなさまに多大なるご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。約5秒間頭を下げた。「今回、この件で最も謝罪したいのは妻です」と続け、報道を受け「毎日、妻や子供に対して申し訳ないという気持ちでした」と心情を語った。

 ドラマ「ケイジとケンジ」撮影終了後、妻の杏とは知り合いを交えて話し合いの機会を持ったというが「今後は離婚か、それとも関係修復か?」と問われると、しばしの沈黙の後「カメラの前で気持ちを伝えることは相手を傷つけてしまうことになるので、申し訳ありません」と明言を避けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る