偽キャビアに偽トリュフ…街にあふれる「高級偽装食材」の実態

公開日: 更新日:

 阪急阪神ホテルズの食材偽装は、まさに常習者のやり口だった。
「芝海老とイカのクリスタル炒め」に使われていたエビは、バナメイエビ。「九条ねぎのロティ」のネギは、普通のネギ。「レッドキャビア」(マスの卵)は飛び魚(とびこ)で、「鮮魚」は冷凍。「契約農園の野菜」も普通の農家の野菜だった。これらの偽装によって、本来の仕入れ値の2~3分の1に抑えていたのだが、これは「よくやる手」なのである。

 それなのに出崎弘社長はこの期に及んで「偽装ではなく、誤表示だ」と言い張っている。客をナメているが、食品問題に詳しいジャーナリストの吾妻博勝氏によると、「これくらいの偽装で驚いちゃいけない」という。

「ホテル披露宴などで使われるキャビアは、グロテスクな風貌のダンゴウオの卵。カスピ海産の純正キャビアは50グラムで3万円もしますが、これなら500円です。回転寿司で人気のトロサーモンは、輸入品のトラウトサーモン(ニジマスの一種)。タイはティラピアやマンボウ、アナゴはウミヘビ、エンガワはオヒョウやカラスガレイなのは有名です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る