偽キャビアに偽トリュフ…街にあふれる「高級偽装食材」の実態

公開日:  更新日:

 阪急阪神ホテルズの食材偽装は、まさに常習者のやり口だった。
「芝海老とイカのクリスタル炒め」に使われていたエビは、バナメイエビ。「九条ねぎのロティ」のネギは、普通のネギ。「レッドキャビア」(マスの卵)は飛び魚(とびこ)で、「鮮魚」は冷凍。「契約農園の野菜」も普通の農家の野菜だった。これらの偽装によって、本来の仕入れ値の2~3分の1に抑えていたのだが、これは「よくやる手」なのである。

 それなのに出崎弘社長はこの期に及んで「偽装ではなく、誤表示だ」と言い張っている。客をナメているが、食品問題に詳しいジャーナリストの吾妻博勝氏によると、「これくらいの偽装で驚いちゃいけない」という。

「ホテル披露宴などで使われるキャビアは、グロテスクな風貌のダンゴウオの卵。カスピ海産の純正キャビアは50グラムで3万円もしますが、これなら500円です。回転寿司で人気のトロサーモンは、輸入品のトラウトサーモン(ニジマスの一種)。タイはティラピアやマンボウ、アナゴはウミヘビ、エンガワはオヒョウやカラスガレイなのは有名です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る