• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪急阪神ホテルズは氷山の一角 “ニセ食材”がなくならない背景

「ダマされた!」と思った人もいるだろう。阪急阪神ホテルズが運営する8ホテルの計23店舗で“ニセ食材”を使っていた問題だ。「鮮魚のムニエル」とうたいながら実は冷凍保存の魚を使ったり、「九条ネギ」の正体が普通の青ネギだったりと、表示と異なる食材の提供例は47件。06年3月から13年9月までの利用客は7万8775人に上るというから、凄い数字だ。

 食材のニセ表示は少なくない。11年8月には宮崎県のシーガイアがホルスタインを「宮崎産和牛」として出すなど計45メニューの不正表示が発覚。消費者庁によると、12年度に全国から寄せられた食品表示に関する苦情などは625件。51の業者が行政指導を受けた。

<役人がチェックできないザル法>

「消費者問題研究所」代表の垣田達哉氏によると、現行のJAS法も景品表示法も、ホテルやレストランを取り締まる条文はないという。スーパーなどでは農水省や厚労省のGメンがニセ表示をチェックしているが、飲食店は“治外法権”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る