阪急阪神ホテルズは氷山の一角 “ニセ食材”がなくならない背景

公開日: 更新日:

「ダマされた!」と思った人もいるだろう。阪急阪神ホテルズが運営する8ホテルの計23店舗で“ニセ食材”を使っていた問題だ。「鮮魚のムニエル」とうたいながら実は冷凍保存の魚を使ったり、「九条ネギ」の正体が普通の青ネギだったりと、表示と異なる食材の提供例は47件。06年3月から13年9月までの利用客は7万8775人に上るというから、凄い数字だ。

 食材のニセ表示は少なくない。11年8月には宮崎県のシーガイアがホルスタインを「宮崎産和牛」として出すなど計45メニューの不正表示が発覚。消費者庁によると、12年度に全国から寄せられた食品表示に関する苦情などは625件。51の業者が行政指導を受けた。

<役人がチェックできないザル法>

「消費者問題研究所」代表の垣田達哉氏によると、現行のJAS法も景品表示法も、ホテルやレストランを取り締まる条文はないという。スーパーなどでは農水省や厚労省のGメンがニセ表示をチェックしているが、飲食店は“治外法権”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る