ウザくても番号交換…4割がデートドタキャン「女の本音」

公開日: 更新日:

 耳が痛いデータだ。

 日本合コン協会と主婦の友社が共同で行ったアンケート(同社のファッション誌の女性読者444人が回答)によると、4割以上が「デートをドタキャンしたことがある」という。その理由のトップは「急に乗り気でなくなった」(69.6%)。他にも、「合コンで『正直ウザイ』と思う男性とも連絡先を交換する」(50.1%)、「ルックスや雰囲気はタイプじゃなくても、スペック(職業、学歴など)が好条件なら一度はデートする」(60.8%)というオンナの本音が明らかになった。

 同協会会長で「『急に熱が出た』と言いだす女の本音」を上梓した絵音氏がこう話す。
「飲み会の席でのデートの約束は、『ビール・ゴーグル効果』で異性が魅力的に見えるので、シラフになった時のドタキャン率が高いのです。合コンで<このメンバーでディズニーランドに行こう>などと盛り上がることってありますよね。でもこれは社交辞令。一生ないと思った方がいいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る