アイデアなければパクれ 宅急便もブックオフも真似が生んだ

公開日: 更新日:

 地井武男さんの散歩番組が人気になると、途端に類似の番組が出てきた。「路線バスの旅」が当たれば、これまた似たような番組が増える。テレビ業界は、アイデアをパクるのが普通のようだ。

 たしかに、他人をあっと言わせる斬新なアイデアなんてものは、すぐに思いつくわけではない。だが、成功した他人のいいアイデアを上手にパクることはどうか?

「他でうまくいっていることを盗み見し、自分のアイデアのヒントにしてみる。これも立派なビジネスセンスです」

 こう断言するのは、「一流の人は上手にパクる」(祥伝社)の著者の俣野成敏氏だ。

「スティーブ・ジョブズのような“世界初”の人になりたいのなら別ですが、一流の人は皆、上手にカンニングをしてきました。ヤマト運輸の小倉昌男元社長は、〈吉野家が商品を牛丼一本に絞った〉という新聞記事を見て、それまでの商業貨物などをやめ、宅配便事業に一本化したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る