就職転職に悩んだら…地方創生で募集増加「Iターン」が熱い

公開日: 更新日:

「地方創生」で全国自治体、民間企業のⅠターン・Uターン募集が増加中だ。年齢も幅広く、新卒・第2新卒から40~50代の管理職クラスまで門戸を広げている。東京だけが“仕事場”ではない。地方にだって面白そうな職場はあるのだ。

 NPOカタリバでは、被災地の仮設住宅や過疎地域に暮らす子供たちに関わる「教育事業マネジャー」を募っている。

「プロジェクト・マネジメント経験の豊富な方や、教育事業を通して社会課題の解決に取り組むことを望む方(業界経験不問)を求めています。住居は、職員向けのシェアハウスがあります。宮城県、岩手県、島根県で募集しています」

 正職員は月額20万円~(能力に応じて決定)。

 九州地区では、ベンチャー10社がⅠ・Uターンなど就職者を同時募集する「九州ベンチャー企業リーダー」(3月16日まで)が注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る