専門学校コース開設 年収1億円「プロゲーマー」という職業

公開日:  更新日:

「ゲームばかりしていないで、もっと勉強しなさい」と子供を叱っている親にとっては、悩ましい学校だろう。「東京アニメ・声優専門学校」が、16年度からプロのゲーマーを養成するコースを開くという。ゲームをやりながらカネを稼げるなんて、あの「高橋名人」みたいだ。

「海外では、ゲームをスポーツ競技ととらえる動きがあり、世界中でいろいろな大会が開かれています。その場合、ゲームは『e─sports』と呼ばれていて、チーム戦と個人戦がある。企業のサポートを受けて、大会に参加するのがプロですが、アマも参加できます。メジャー大会の優勝賞金は1億円を超え、トッププロの年収は1億円超。ゲームが盛んな韓国では、『学生がなりたい職業の2位』がプロゲーマーで、追っかけもいるのです」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

 日本初のプロが梅原大吾氏(33)。17歳で初出場した世界大会で優勝し、「メジャートーナメント最多勝」のギネス記録を持つ。昨年のテレビ番組で、「(年収1億円の)トッププロほどではない」と語り、獲得賞金1億円目前をニオわせた。そんなプロを養成する講座とは、どんな内容か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る