人材コンサルタント直伝 「部下なし管理職」生き残りの3カ条

公開日: 更新日:

 希望すれば65歳までは会社に残れる時代とはいえ、花束をもらって去るまで同じ職場で働ける人はそう多くはない。ピークを過ぎたと自覚したら、会社での振る舞いにもベテランなりの作法がある。それが最後まで生き残るコツだ。

 自分の名刺を見ると、「特任部長」の肩書。何だか偉そうな気もするが、早い話が“部下なし管理職”である。

 現在、部長になれる人は全社員の3%、課長は8%(厚労省「賃金構造基本統計調査」=09年)の狭き門だ。

 すでに能力のピークは過ぎ、さりとて若い頃のような踏ん張りも利かない。しかし、ベテランでも必要とされる人材はいる。

 人材コンサルタント「パルトネール」の麻野進代表がこう言う。

「部下なし管理職で生き残るには、〈若い頃の5割増しの業績を上げる〉〈経理など余人をもって代えがたい仕事をする〉〈若手のサポート役に回る〉の3つがあります。前の2つは難しく、目指すべきはサポートです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る