• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不祥事も客やメディアは好意的 ペヤングに学ぶ“起死回生術”

 まるか食品「ペヤングソースやきそば」の販売が再開されて、ちょっとした騒ぎになっている。昨年の12月2日にゴキブリ入りの写真がネット公開されるや、同社はすぐに4万6000食を自主回収。9日後に製造・販売を中止してペヤングはスーパーから姿を消した。

 今回の販売再開ではパッケージを少しだけリニューアルした。まるか食品に聞いた。

「容器のフタをプラスチック製からアルミのシールに変えました。この方が湯切りが楽なのに、これまで変えようと思いながら実現できなかったのです。3月ごろから“早く食べたい”というお電話をいただくようになりました」(広報担当者)

 食品に異物を混入させた不祥事なのに、メディアは販売再開に好意的。NHKまでがニュースにするのだから、みそぎを済ませたと考えていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る