43歳で費用1000万円も…意外に知らない「妊活」とお金

公開日:  更新日:

 今年は芸能人や有名人の出産ラッシュが続いている。最近では、森三中の大島美幸(35)が長男の出産シーンを番組で公開して話題になった。元プロテニス選手の杉山愛(40)も今月、第1子を出産している。

 2人に共通するのは「妊活」だ。結婚後数年しても子宝に恵まれず、不妊治療に踏み切った末に赤ちゃんを授かった。35歳を越える高齢出産の裏側には、隠された努力があるのだ。

 そもそも「妊活」とは何をするものなのか、まずは基礎知識から。図1は妊活のステップを示したものだ。似たような言葉が並んでいるが、段階を追うごとに人の手が加わり、料金がハネ上がっていく。2012年の厚労省のデータでは、27人に1人が体外受精などの高度な不妊治療の末に誕生したベビーだという。

 1回の体外受精手術にかかる費用は自由診療なのでピンキリ。失敗しても成功しても30万円以上というのが相場である。しかも、毎回現金払いだ。ローンを組めない病院は多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る