日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

積極妊活の大島美幸は6カ月 「男の不妊治療」手順と料金

 妊娠6カ月のオメデタを公表した森三中の大島美幸(35)。2度の流産など苦難の連続だったが、夫で放送作家の鈴木おさむ氏(42)の努力もまた同じだろう。「自分の精子を検査したところ、重大な欠陥があった」とブログでつづっている。

<僕の精子を検査した時に、精子の運動率があまりよくなかったりしたもので、それもあって早めの人工授精をすすめられました>

 鈴木おさむ氏はブログでこう報告している。

 不妊というと女性ばかりが取り上げられがちだが、原因は男女で差はないとされ、無精子症など夫側に問題があるケースも少なくない。鈴木家の場合もそうで、積極的な“男の妊活”が幸運を呼び込んだ格好だ。

 設備機械大手のサラリーマン田中雅彦さん(仮名=46)も最近、不妊治療を行う医療機関を受診した。まず、驚いたのは問診の丁寧さだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事