日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妊娠ばかり意識せず気楽に…「スロー妊活」が大ブーム

 妊娠を目的に体や心のバランスを整える。お笑いトリオ・森三中の大島美幸の“妊活休業”が話題を集めているが、妊活中にストレスをため込む女性もまた増えている。

 トレンド総研の調査では、妊活中の女性の約7割が「妊活ストレスがある」と回答。具体的には「一緒に妊活していた友人からの妊娠報告を聞いて、自分に嫌気が差した」(神奈川県・38歳)といった声があった。

 そこで最近、脚光を集めているのが、“スロー妊活”なる言葉。スローライフやスローフードの妊娠版で、妊娠することばかりを意識しないで気楽に生活することだ。

 スロー妊活のひとつとしては、フランス生まれの海洋療法「タラソテラピー」がある。女性の羊水に近い海水に浮かぶことで、ストレス解消につながるという。

 また、女性に人気のある「ヨガ」に「笑い」をミックスさせた「笑いヨガ」も注目の的。日本笑いヨガ協会なる団体まであり、5分間の大笑いは15分間のボートこぎ運動量に匹敵するらしい。

 次から次へと出てくるものだが、妊活中の女性は全国に約50万人。スロー妊活という言葉が登場しただけでも、多くの女性が子宝を授かろうと必死になっていることがわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事