英ケンブリッジ大が研究 「音楽の趣味」で分かる思考パターン

公開日:  更新日:

 音楽の好みで、思考パターンが分かるという。そんな興味深い研究結果を発表したのは、ケンブリッジ大の研究グループ。

 今月22日にオンラインジャーナル「PLOS ONE」に発表された論文によると、他人に共感しやすい人はR&Bやソウル、レゲエなどを好み、論理的な考え方をする人はパンクやヘビメタなどを好む傾向があるそうだ。4000人超に人格判断テストを受けてもらい、50種類の曲を聴かせて好みを判定。その結果を分析し、思考パターンと音楽の好みが浮き彫りになった。

 脳に関する著作が多数ある作家で、医師の米山公啓氏(神経内科)が言う。

「思考パターンと音楽の好みは、精神状態によって変わります。たとえば、いつもはソウルを聴く人がパンクなどに傾いたときは、周りへの共感力が落ちているのかもしれません。今回の結果をそう読み解くと、状況によって、音楽を聴き分けることが、そこを乗り切る近道になりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る