• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

英ケンブリッジ大が研究 「音楽の趣味」で分かる思考パターン

投稿日:  更新日:

 音楽の好みで、思考パターンが分かるという。そんな興味深い研究結果を発表したのは、ケンブリッジ大の研究グループ。

 今月22日にオンラインジャーナル「PLOS ONE」に発表された論文によると、他人に共感しやすい人はR&Bやソウル、レゲエなどを好み、論理的な考え方をする人はパンクやヘビメタなどを好む傾向があるそうだ。4000人超に人格判断テストを受けてもらい、50種類の曲を聴かせて好みを判定。その結果を分析し、思考パターンと音楽の好みが浮き彫りになった。

 脳に関する著作が多数ある作家で、医師の米山公啓氏(神経内科)が言う。

「思考パターンと音楽の好みは、精神状態によって変わります。たとえば、いつもはソウルを聴く人がパンクなどに傾いたときは、周りへの共感力が落ちているのかもしれません。今回の結果をそう読み解くと、状況によって、音楽を聴き分けることが、そこを乗り切る近道になりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る