• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

英ケンブリッジ大が研究 「音楽の趣味」で分かる思考パターン

 音楽の好みで、思考パターンが分かるという。そんな興味深い研究結果を発表したのは、ケンブリッジ大の研究グループ。

 今月22日にオンラインジャーナル「PLOS ONE」に発表された論文によると、他人に共感しやすい人はR&Bやソウル、レゲエなどを好み、論理的な考え方をする人はパンクやヘビメタなどを好む傾向があるそうだ。4000人超に人格判断テストを受けてもらい、50種類の曲を聴かせて好みを判定。その結果を分析し、思考パターンと音楽の好みが浮き彫りになった。

 脳に関する著作が多数ある作家で、医師の米山公啓氏(神経内科)が言う。

「思考パターンと音楽の好みは、精神状態によって変わります。たとえば、いつもはソウルを聴く人がパンクなどに傾いたときは、周りへの共感力が落ちているのかもしれません。今回の結果をそう読み解くと、状況によって、音楽を聴き分けることが、そこを乗り切る近道になりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る