英ケンブリッジ大が研究 「音楽の趣味」で分かる思考パターン

公開日: 更新日:

 音楽の好みで、思考パターンが分かるという。そんな興味深い研究結果を発表したのは、ケンブリッジ大の研究グループ。

 今月22日にオンラインジャーナル「PLOS ONE」に発表された論文によると、他人に共感しやすい人はR&Bやソウル、レゲエなどを好み、論理的な考え方をする人はパンクやヘビメタなどを好む傾向があるそうだ。4000人超に人格判断テストを受けてもらい、50種類の曲を聴かせて好みを判定。その結果を分析し、思考パターンと音楽の好みが浮き彫りになった。

 脳に関する著作が多数ある作家で、医師の米山公啓氏(神経内科)が言う。

「思考パターンと音楽の好みは、精神状態によって変わります。たとえば、いつもはソウルを聴く人がパンクなどに傾いたときは、周りへの共感力が落ちているのかもしれません。今回の結果をそう読み解くと、状況によって、音楽を聴き分けることが、そこを乗り切る近道になりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る