• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上唇が厚い女性には“言葉責め”? 性格や感情は見た目でわかる

「脳の中身は、顔の形に表れます。つまり、顔の形や大きさ、位置関係を注意して見ることで、相手の思考、感情、行動のパターンがわかるんです」

 こう言うのは、日本パーソノロジー協会の石丸賢一代表。米国発祥のパーソノロジー(人相科学)を20年前に学び、日本に持ち込んだ草分けだ。

 パーソノロジーは、見た目だけで人の性格や反応を予測する学問。1920年代に米国判事エドワード・ジョーンズが、犯罪者の顔に共通の特徴があることに気づき、数千人の犯罪者の顔を観察して、その因果関係を研究したことに始まる。

 顔と性格の因果関係にまつわる法則は約100種類。脳の機能別に、前述した思考・感情・行動の3つに大別される。

「思考は前頭葉がつかさどり、おでこの形や広さに表れます。感情は側頭葉で、耳や眉、目に関係します。行動は小脳で、アゴ、鼻、口の形や大きさに深く関わっています。まさに顔は心を映す鏡なのです」(石丸代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る