サラリーマン処世術 カギは性格悪くても出世する上司

公開日:  更新日:

「サラリーマンは気楽な稼業」といわれたこともあったが、よくも悪くも競争が激しくなった今、気楽な居場所を求めたらオシマイだ。ウマが合う上司と付き合いたい気持ちはわかるが、そこは割り切って、厳しい上司の下で出世を選ぶ方が後から考えれば得になる。

 製薬会社のAさん(44)は5年前、マーケティング部の課長に昇進。部長はリサーチ会社の調査結果を鋭く分析して、綿密な販促企画を組む。「数字を読み解く感性は独特なものがあるし、その数字を裏付ける別のデータを用意し、ドンピシャの企画を作るのがすごい」と、会社の評価はすこぶるいい。

 しかし、Aさんは数字とにらめっこする部長の性格がダメで、付き合いをなるべく避ける。プライベートでは、入社時に研修を受けた別の部長を慕っている。飲食に誘ってもらうことも多い。その信頼を寄せる部長はというと、肩書は同じ部長でも、部署はパッとしない人材開発。配属から5年、“デキる部長”を避けてきたため、会社と折り合いが悪くなり、役員への出世は難しい。逆に閑職への異動がうわさされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る