• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AO・推薦枠倍増もハードル下がらず 「国立大」セレブ化の元凶

 全国の国立大86校が加盟する「国立大学協会」が、AO・推薦入試の合格者を2018年度をメドに、現状の2倍の定員の3割に引き上げるという。個別の2次試験はなく、面接と書類審査で合否が決まる。

 折しも、今年から推薦入試がスタートする東大と京大が求める学生像は、「グローバルに活躍できる人材」。分かりやすくいえば、数学や物理などの国際科学オリンピックの日本代表レベルだ。

 つまり、数検や漢検、英検をいくら頑張っても、お呼びじゃない。「そんなスーパーエリートがどれだけいるのか」と「大学通信」ゼネラルマネジャー・安田賢治氏もいぶかるほどのハードルの高さだ。

 どんな学生が推薦で入学するのか。00年に推薦入試を導入した東北大のケースが参考になるという。

「東北大が推薦入試を始めたのは、第1志望の学生を求めたからです。その後の追跡調査で、推薦入学組は学業の意欲が高く、一般入試組より成績がよく、4年で卒業する割合も高い。一般の国立大も、これにならうとみられます。出願条件は、高校の評定平均3.5以上になりそうで、恐らく4前後の争い。各都道府県の中堅クラスの高校でも、成績がよければ狙えるはずです。親は“なぜその大学で学びたいのか”を多角的に掘り下げるよう子供に訓練させるといい」(安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事