• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本の労働者の半分がロボットに…衝撃リポートの中身

投稿日:  更新日:

 近い将来、日本の労働者の半数がロボットに仕事を奪われる――。

 野村総研が2日に発表したリポートが話題だ。英国の大学教授らと共同研究したもので、日本国内601種類の職業を対象にアンケートを実施。それぞれ人工知能やロボットなどで代替される可能性を試算している。その結果、10~20年後の日本の労働人口のうち約49%は、ロボットで代替が可能だという。

 リポートでは、代替確率の高い職種を100種類挙げていて、製造や販売の現場作業が多い。主な職種例は別表の通り。「必ずしも特別な知識やスキルを持たなくてもよく、秩序などが必要とされ、定型化されている」(野村総研)職業だという。

 一方、代替可能性が低い職業100種類も発表していて、主にクリエーターや医者、保育士などが挙がっている。「創造性や協調性が必要で、ルーティンワークにならず、その都度、事情に対応しなければならない仕事」(野村総研)だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る