日本の労働者の半分がロボットに…衝撃リポートの中身

公開日:  更新日:

 近い将来、日本の労働者の半数がロボットに仕事を奪われる――。

 野村総研が2日に発表したリポートが話題だ。英国の大学教授らと共同研究したもので、日本国内601種類の職業を対象にアンケートを実施。それぞれ人工知能やロボットなどで代替される可能性を試算している。その結果、10~20年後の日本の労働人口のうち約49%は、ロボットで代替が可能だという。

 リポートでは、代替確率の高い職種を100種類挙げていて、製造や販売の現場作業が多い。主な職種例は別表の通り。「必ずしも特別な知識やスキルを持たなくてもよく、秩序などが必要とされ、定型化されている」(野村総研)職業だという。

 一方、代替可能性が低い職業100種類も発表していて、主にクリエーターや医者、保育士などが挙がっている。「創造性や協調性が必要で、ルーティンワークにならず、その都度、事情に対応しなければならない仕事」(野村総研)だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る