介護で仕事失い行き詰まり…老親と共倒れしない生き方

公開日:  更新日:

変わるサラリーマン生活

「今日はあなたの誕生日です。生まれ変わった気持ちで生きてください」
 今年3月、青森地裁の裁判官は被告の無職男性(62)をこう諭し、懲役3年、保護観察付き執行猶予4年を言い渡した。

 男性は昨年4月、認知症の母親(当時90)を練炭を使った一酸化炭素中毒で殺害しようとした。幸い母親の命に別条はなかったが、男性は殺人未遂罪に問われた。裁判で検察側は「生活保護を受給するなどの手段を尽くしていない」と主張し、弁護側は「母親の介護で勤めていた会社も解雇され、将来を悲観しての犯行」と情状酌量を求めていた。

 母親を捨てるのには抵抗があるが、介護疲れと失業で家族が崩壊してしまっては元も子もない。

■情で同居する限り、生活保護も受けられない

 全国介護者支援協議会の上原喜光理事長がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る