あなたの奥さんは? 60歳の妻たちが「年金受給額減」ピンチ

公開日: 更新日:

 中央線沿線のM市に住む会社員のY氏は、今年の正月に60歳になった。雇用延長が決まり、給料は半減したものの、働き続けている。2人の子供は独立。残った住宅ローンは退職金で一括返済。「肩の荷が下りた」と笑う。

 厚生年金の「報酬比例部分」は61歳から受給できるため、来年はいよいよ年金世代に突入だ。自分の年金は会社が相談に乗ってくれるので安心しているが、気になっているのが、奥さんのH美さんの年金である。

 H美さんは同じ昭和30年生まれで誕生日は3日違いの同級生。結婚39年になる。数年前からパートに出ており、いわゆる“扶養の範囲内”の専業主婦として家庭を守ってきたが――。

 年金制度に詳しい社会保険労務士の稲毛由佳氏が言う。

「Yさんの奥さんは専業主婦で60歳ですか。実は女性の場合、今年還暦を迎える世代の年金制度はかなり入り組んでいて複雑。年金について不明な点があったら、知識を付けるより年金事務所などに相談に行った方がいい。『私の年金、大丈夫?』と、一日も早くです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る