• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大同生命】育児休暇の半数が男性社員

 高視聴率をマークしているNHK朝ドラ「あさが来た」。モデルになっている大同生命は、経営者保険に強みを持つ。

 営業のAさん(32)は「給与は高水準ですね。私の場合は年収700万円くらいで、新入社員でも500万円ですから。課長になると1000万を超えるのですが、女性の管理職が多く、男性には壁が厚いですね」と言ってこう続ける。

「ノルマはありますが、法人相手なので自爆営業(自己負担で契約をする)はありません。その上、代理店営業なので税理士が段取りをつけてくれてからの商談となり、成約率は高い。もっとも、社長が相手ですから商品知識やFP(ファイナンシャルプランナー)などの資格は欠かせません」

 女性の育成にも力を入れており、最低賃金保証や育児休暇(3歳まで)など長く勤められる配慮がなされているのだという。14年の育児休暇取得者211人のうち、男性が107人も取っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る