【帝人】配偶者手当2万3900円などの諸手当が充実

公開日: 更新日:

「昨年度までは業績が低迷していましたが、今年度は好調です。去年以上の賃上げとボーナスを期待したいですね」

 こう語るのは帝人のMさん(34)。昨年は減益でも1400円のベースアップを実施し、定期昇給と合わせて約7700円(組合員平均)の賃上げをするなど、さすがは大企業。今年は当然、それ以上の賃上げに期待が高まる。

 Mさんの基本給は約36万円。前年に比べて1万円近く昇給したという。月給は約42万円。ボーナスは、夏と冬を合わせて約220万円。年収は約730万円だ。とくに充実しているのが諸手当。Mさんは結婚し、2人の子供がいるが、妻に2万3900円、子供1人につき4900円の家族手当が出る。

 世間ではトヨタ自動車が約2万円の配偶者手当を廃止するなど風当たりが強いが、「なくなれば大幅な給与減ですし、困ります。その分を別な形で補填してもらわないと生活にも影響しかねません」と危惧する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る