• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【帝人】配偶者手当2万3900円などの諸手当が充実

「昨年度までは業績が低迷していましたが、今年度は好調です。去年以上の賃上げとボーナスを期待したいですね」

 こう語るのは帝人のMさん(34)。昨年は減益でも1400円のベースアップを実施し、定期昇給と合わせて約7700円(組合員平均)の賃上げをするなど、さすがは大企業。今年は当然、それ以上の賃上げに期待が高まる。

 Mさんの基本給は約36万円。前年に比べて1万円近く昇給したという。月給は約42万円。ボーナスは、夏と冬を合わせて約220万円。年収は約730万円だ。とくに充実しているのが諸手当。Mさんは結婚し、2人の子供がいるが、妻に2万3900円、子供1人につき4900円の家族手当が出る。

 世間ではトヨタ自動車が約2万円の配偶者手当を廃止するなど風当たりが強いが、「なくなれば大幅な給与減ですし、困ります。その分を別な形で補填してもらわないと生活にも影響しかねません」と危惧する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る