【大成建設】国内外含め転勤は避けられない

公開日:  更新日:

 白紙撤回された新国立競技場の工事を受注していた同社。そんなスーパーゼネコン、大成建設で働くAさん(35)の年収は1000万円。海外勤務が多いのだという。

「どこの国の勤務になるかは受注次第ですが、ほとんどが中東、東南アジア、アフリカの開発途上国ですね。その時にならないと赴任地や期間、家族同伴なのかどうかもわかりません。ただ、引っ越し費用など移住に関わる費用は全額会社負担なので安心です。まあ、国内勤務でも専任職以外は転勤が当たり前なので、海外転勤は給与が高い分、得かもしれません」と言うAさんは、「プロジェクト完了後のリフレッシュ休暇はしっかりといただいています」と笑いながら続ける。

 1917(大正6)年設立の老舗だが、社内の風通しはよく、女性の登用や職場環境改善に積極的に取り組んでいる。

「やはり巨大な建築物や世界中の人が利用する公共設備などを完成させた時の達成感は大きいですね。現場の一体感や苦労を共にした仲間とのつながりなど、一度体験すると病みつきになります。一方、億単位のお金が投じられますから、プライベートは二の次になる傾向が強い。だから仕事漬けのイメージは否めません」(Aさん)

「地図に残る仕事」が自慢の職場なのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る