• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに謎が解明 「働かないアリ」が集団存続に必要なワケ

 集団の中に2~3割いる働かない働きアリが実は集団の絶滅を防いでいる――。こんな研究成果を北海道大などのチームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

 これまでの研究ではアリの集団にほとんど働かないアリがいることが分かっていた。働くアリだけを集めて集団にしても一部が働かなくなったり、働かないアリだけを集めた場合、一部が働き始める。なぜそうなるのかは謎だった。

 研究チームはコンピューターでさまざまな働き方をする集団を作成し、シミュレーションした。その結果、勤勉なアリだけのケースでは、一斉に疲労で働けなくなって集団が早く滅びてしまい、働かないアリがいる方が集団が長続きする傾向が判明。よく働くアリが疲れて休むようになると、それまで働かなかったアリが働き始めるようになったという。

 そのことから、働かないアリを常駐させる非効率的なシステムが集団の存続に欠かせないという見方をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る