ついに謎が解明 「働かないアリ」が集団存続に必要なワケ

公開日:  更新日:

 集団の中に2~3割いる働かない働きアリが実は集団の絶滅を防いでいる――。こんな研究成果を北海道大などのチームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

 これまでの研究ではアリの集団にほとんど働かないアリがいることが分かっていた。働くアリだけを集めて集団にしても一部が働かなくなったり、働かないアリだけを集めた場合、一部が働き始める。なぜそうなるのかは謎だった。

 研究チームはコンピューターでさまざまな働き方をする集団を作成し、シミュレーションした。その結果、勤勉なアリだけのケースでは、一斉に疲労で働けなくなって集団が早く滅びてしまい、働かないアリがいる方が集団が長続きする傾向が判明。よく働くアリが疲れて休むようになると、それまで働かなかったアリが働き始めるようになったという。

 そのことから、働かないアリを常駐させる非効率的なシステムが集団の存続に欠かせないという見方をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る