日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに謎が解明 「働かないアリ」が集団存続に必要なワケ

 集団の中に2~3割いる働かない働きアリが実は集団の絶滅を防いでいる――。こんな研究成果を北海道大などのチームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

 これまでの研究ではアリの集団にほとんど働かないアリがいることが分かっていた。働くアリだけを集めて集団にしても一部が働かなくなったり、働かないアリだけを集めた場合、一部が働き始める。なぜそうなるのかは謎だった。

 研究チームはコンピューターでさまざまな働き方をする集団を作成し、シミュレーションした。その結果、勤勉なアリだけのケースでは、一斉に疲労で働けなくなって集団が早く滅びてしまい、働かないアリがいる方が集団が長続きする傾向が判明。よく働くアリが疲れて休むようになると、それまで働かなかったアリが働き始めるようになったという。

 そのことから、働かないアリを常駐させる非効率的なシステムが集団の存続に欠かせないという見方をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事