ついに謎が解明 「働かないアリ」が集団存続に必要なワケ

公開日: 更新日:

 集団の中に2~3割いる働かない働きアリが実は集団の絶滅を防いでいる――。こんな研究成果を北海道大などのチームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

 これまでの研究ではアリの集団にほとんど働かないアリがいることが分かっていた。働くアリだけを集めて集団にしても一部が働かなくなったり、働かないアリだけを集めた場合、一部が働き始める。なぜそうなるのかは謎だった。

 研究チームはコンピューターでさまざまな働き方をする集団を作成し、シミュレーションした。その結果、勤勉なアリだけのケースでは、一斉に疲労で働けなくなって集団が早く滅びてしまい、働かないアリがいる方が集団が長続きする傾向が判明。よく働くアリが疲れて休むようになると、それまで働かなかったアリが働き始めるようになったという。

 そのことから、働かないアリを常駐させる非効率的なシステムが集団の存続に欠かせないという見方をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る