ついに謎が解明 「働かないアリ」が集団存続に必要なワケ

公開日: 更新日:

 集団の中に2~3割いる働かない働きアリが実は集団の絶滅を防いでいる――。こんな研究成果を北海道大などのチームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

 これまでの研究ではアリの集団にほとんど働かないアリがいることが分かっていた。働くアリだけを集めて集団にしても一部が働かなくなったり、働かないアリだけを集めた場合、一部が働き始める。なぜそうなるのかは謎だった。

 研究チームはコンピューターでさまざまな働き方をする集団を作成し、シミュレーションした。その結果、勤勉なアリだけのケースでは、一斉に疲労で働けなくなって集団が早く滅びてしまい、働かないアリがいる方が集団が長続きする傾向が判明。よく働くアリが疲れて休むようになると、それまで働かなかったアリが働き始めるようになったという。

 そのことから、働かないアリを常駐させる非効率的なシステムが集団の存続に欠かせないという見方をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る