• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不動産暴落サイン続々 穴場エリアと買っていいマンション

 2020年の東京五輪まで持つとみられていた首都圏の不動産市場に、危険な兆候が次々と表れている。上昇し続けてきた新築マンションの平均価格は今年4月に下げに転じ、発売戸数と契約率も8カ月連続で前年同月を下回った。曲がり角を迎えつつあるのは明らかだが、穴場のエリアはないのか――。住宅の専門家2人に聞いた。

 今月、大手銀行が住宅ローンの金利を一斉に引き上げた。まだ過去最低の水準とはいえ、何が不動産バブル崩壊の引き金を引くか分からない。この状況であえてマンションを買うとしたら、どんなエリア、どんな物件がいいのか。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。

「おすすめは川崎市の川崎区です。都心へのアクセスがよく価格が高騰していても不思議ではないエリアですが、再開発ラッシュで価格は横ばい、あるいは値崩れが起きています。京急大師線港町駅から徒歩2分の新築マンション『リヴァリエ』は坪単価が210万円と、都心部の半値近くで買えます。また、都営三田線の本蓮沼から西高島平の区間も狙い目。新築3LDKが3000万円台後半で買えます。西台駅から徒歩4分の『パークホームズ板橋蓮根』などは悪くないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る