日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

業界トップクラスがズラリ…GPIFが実質筆頭株主の30社

 GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が7月下旬、15年3月末時点の保有株式(全2037銘柄)を公開して以降、株式市場ではさまざまな臆測が飛び交っている。

 その一つは、「GPIFが実質筆頭株主」の会社だ。GPIFは信託銀行などに株式運用を委託しているため、企業が公表する大株主には登場しない。

 だが、保有株を初公開したことで“見えない大株主”の実態が、おぼろげながら姿を現したのだ。保有株のトップ(時価総額ベース)はトヨタ自動車(1兆5499億円)で、仮にGPIFが大株主だとすると、実質的な株主順位は4位になる。

 同じくキヤノンは2位、ソフトバンクは3位、NTTは4位、KDDIは5位……と大手企業の上位株主に名を連ねるが、驚いたことに、筆頭株主に君臨している企業がゾロゾロとあったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事