日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

みちのくおとぎ街道 “童話の里”巡りの後は温泉でほっこり

童話の世界へ(「夕鶴の里」=南陽市)・ポカポカの雪見露天(赤湯温泉=南陽市)/(提供写真)

 今回は、山形県の南陽市・高畠町と、宮城県の七ケ宿町・白石市を結ぶ国道113号が舞台。まるでおとぎ話に出てきそうな、懐かしい日本の原風景が沿道に広がるため、この名が付いた。

 実際に、古くから語り継がれている童話の宝庫でもある。たとえば、子供たちにい…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事