サラリーマンの1割が経験 「出戻り社員」で会社は伸びる

公開日:

 一度退職した社員がまた会社に戻ってくる。こうした「出戻り入社」が活発化している。先週、人材採用支援の「エン・ジャパン」が発表した調査結果によると、出戻りを経験した社員は10%に及ぶ。理由の最多は「前職の社長・役員・上司からアプローチがあったから」で67%。以下「前職場の人とのプライベートなつながりで」(33%)、「前職の経営者交代」(20%)の順だ。

 世の中は人手不足。帝国データバンクが全国2万3796社に実施した調査では43・9%が「(正社員が)不足している」と回答した。半年前から6ポイントのアップだ。

「エン 人事のミカタ」編集長の手塚伸弥氏は、出戻り社員なら誰でもいいわけではないという。

「たとえ人手が足りなくて困っていても、在職中に評判が良くなかった人を再雇用することはお勧めできません。他社や他業種を経験して戻り、『やっぱりこの会社が一番いいよ』と言う人を採用すべきです。彼の言動を聞いて、転職しようとしている人も思いとどまります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る