政府が“相乗り”解禁検討 タクシー業界に起死回生策は?

公開日:

「初乗り410円もキツイのに、このままじゃ職がなくなる」――タクシードライバーたちは戦々恐々だ。

 今月に入り政府の規制改革推進会議が、一般ドライバーが料金を取って自家用車で送迎できる「ライドシェア」(相乗り)解禁に向けた検討を始めた。6月にも解禁を盛り込んだ答申をまとめるというが、タクシー業界はこぞって猛反対しているという。

「初乗り410円で客が増えたと報道していましたが、思ったより利益は上がっていません。そこにライドシェアが入ってくれば、業界は大打撃です。政府は東京五輪に向けて世界で人気のライドシェアを導入したいようで、1、2年後に開始するという話もある。政界に働きかけてでも阻止したい」(タクシー業界関係者)

■米国では「イエローキャブ」が倒産

 ライドシェアはスマホなどのアプリを使って簡単に予約でき、「タクシー料金が2~3割安くなる」(経済ジャーナリスト)ともいわれる。タクシー待ちの列に並ぶ必要もなく、若者を中心に広がる可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る