政府が“相乗り”解禁検討 タクシー業界に起死回生策は?

公開日:

「初乗り410円もキツイのに、このままじゃ職がなくなる」――タクシードライバーたちは戦々恐々だ。

 今月に入り政府の規制改革推進会議が、一般ドライバーが料金を取って自家用車で送迎できる「ライドシェア」(相乗り)解禁に向けた検討を始めた。6月にも解禁を盛り込んだ答申をまとめるというが、タクシー業界はこぞって猛反対しているという。

「初乗り410円で客が増えたと報道していましたが、思ったより利益は上がっていません。そこにライドシェアが入ってくれば、業界は大打撃です。政府は東京五輪に向けて世界で人気のライドシェアを導入したいようで、1、2年後に開始するという話もある。政界に働きかけてでも阻止したい」(タクシー業界関係者)

■米国では「イエローキャブ」が倒産

 ライドシェアはスマホなどのアプリを使って簡単に予約でき、「タクシー料金が2~3割安くなる」(経済ジャーナリスト)ともいわれる。タクシー待ちの列に並ぶ必要もなく、若者を中心に広がる可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る