• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

政府が“相乗り”解禁検討 タクシー業界に起死回生策は?

「初乗り410円もキツイのに、このままじゃ職がなくなる」――タクシードライバーたちは戦々恐々だ。

 今月に入り政府の規制改革推進会議が、一般ドライバーが料金を取って自家用車で送迎できる「ライドシェア」(相乗り)解禁に向けた検討を始めた。6月にも解禁を盛り込んだ答申をまとめるというが、タクシー業界はこぞって猛反対しているという。

「初乗り410円で客が増えたと報道していましたが、思ったより利益は上がっていません。そこにライドシェアが入ってくれば、業界は大打撃です。政府は東京五輪に向けて世界で人気のライドシェアを導入したいようで、1、2年後に開始するという話もある。政界に働きかけてでも阻止したい」(タクシー業界関係者)

■米国では「イエローキャブ」が倒産

 ライドシェアはスマホなどのアプリを使って簡単に予約でき、「タクシー料金が2~3割安くなる」(経済ジャーナリスト)ともいわれる。タクシー待ちの列に並ぶ必要もなく、若者を中心に広がる可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る