損失は数十億円…アスクル倉庫火災で保険金は下りるのか

公開日: 更新日:

 埼玉・三芳町のアスクル物流倉庫火災は、丸6日以上燃え続けたが、ようやく鎮火のメドが立ってきた。22日のアスクルの株価は5日ぶりに反発と明るい兆しも見えてきたが、ここからが正念場だ。

 今回出火した倉庫は、4年前に総工費200億円をかけて建てられた最先端の大型拠点。ネット通販向け商品約7万点が保管されていたが、火災で延べ床面積約7万2000平方メートルのうち4万5000平方メートルが焼失したという。損失額は「数十億円以上に上る」(経済ジャーナリスト)ともいわれる。

■保険・補償はどうなる?

 営業利益85億円(16年5月期)のアスクルには痛すぎる“特損”だが、今後を大きく左右しそうなのが「出火原因」だ。出火場所は、倉庫1階の廃棄用段ボール置き場の可能性が高いとみられている。倉庫関係者がこう証言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る