損失は数十億円…アスクル倉庫火災で保険金は下りるのか

公開日:

 埼玉・三芳町のアスクル物流倉庫火災は、丸6日以上燃え続けたが、ようやく鎮火のメドが立ってきた。22日のアスクルの株価は5日ぶりに反発と明るい兆しも見えてきたが、ここからが正念場だ。

 今回出火した倉庫は、4年前に総工費200億円をかけて建てられた最先端の大型拠点。ネット通販向け商品約7万点が保管されていたが、火災で延べ床面積約7万2000平方メートルのうち4万5000平方メートルが焼失したという。損失額は「数十億円以上に上る」(経済ジャーナリスト)ともいわれる。

■保険・補償はどうなる?

 営業利益85億円(16年5月期)のアスクルには痛すぎる“特損”だが、今後を大きく左右しそうなのが「出火原因」だ。出火場所は、倉庫1階の廃棄用段ボール置き場の可能性が高いとみられている。倉庫関係者がこう証言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る