カブトムシゆかり<4>フリーランスは休むと仕事がなくなる

公開日: 更新日:

 趣味を仕事にするのは時に苦痛にもなる。

「虫好きアイドルとしてテレビにも出させていただいたのですが、番組が要求するものを自分で先回りして、演出に合わせてしまうようなところがあるんです。誤解を恐れずに話しますと、番組が私に要求しているのは、虫が好きな“変わった女の子”なわけです。体長8センチで世界最大のゴキブリである、オーストラリア産のヨロイモグラゴキブリを番組で紹介した際も、その希少性や珍しい生態について説明するのではなく、共演の別の若いタレントさんに見せて、“驚かす”ことが主でした。これはディレクターさんが悪いという意味ではないのですが、なんだか、知らず知らずにモチベーションが低くなっていってしまったのです」

 オスカープロを退社し、自由になったというわけでもない。

「自由の裏側には責任というものがあります。フリーランスは自由にやれていいね、と言う人もいるかもしれませんが、実際は自分で全責任を負わなくてはいけません。イベントに呼んでもらっても、ちょっとしたしぐさが感じ悪かったり、こちらでは気付かずにぞんざいな話しぶりだったとすれば、主催者に二度と呼ばれなくなるかもしれません。極論すると、私が普通のOLさんだった頃なら風邪で休んでも何も言われませんでした。でも、自由といわれる今は、風邪で仕事をキャンセルすれば、次の仕事は来ないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る