カブトムシゆかりさん<3>虫が重荷…趣味と仕事は別と痛感

公開日: 更新日:

 ゆかりさんは家業の不動産会社を手伝う傍ら、カブトムシの繁殖に精を出していた。

 最盛期は家族で暮らす自宅で300匹のカブトムシを放し飼い。本人は平気でも、家族にとっては地獄絵図だろう。

「いくら虫が好きといっても、趣味を仕事にするものではありません。あれほど虫が好きだったのに、どんどん重荷になっていきました。今もカブトムシを飼っていますが、せいぜい2~3匹程度です。これぐらいが“楽しい”と思える境目ではないでしょうか」

 カブトムシの繁殖を諦めたゆかりさんは、その後、アパレル会社にも勤めた。

「勤めたといっても、正直に話すと、2日しかもちませんでした。渋谷のアパレル会社で、自称『秒速で1億円稼ぐ男』の与沢翼さんの会社でした。ただ、私の指導担当となった上司がいわゆるギャル男で、仕事のやり方を教えられてもすんなり頭の中に入ってこないのです。ギャル男は『ちゃんと聞いてるのか!』と何度も叱ってくるのですが、それでも上の空でした。与沢さんが、『最近の若者は辛抱が足りなくて続かない』とボヤいているのを後でブログで読みました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る