カブトムシゆかりさん<3>虫が重荷…趣味と仕事は別と痛感

公開日: 更新日:

 ゆかりさんは家業の不動産会社を手伝う傍ら、カブトムシの繁殖に精を出していた。

 最盛期は家族で暮らす自宅で300匹のカブトムシを放し飼い。本人は平気でも、家族にとっては地獄絵図だろう。

「いくら虫が好きといっても、趣味を仕事にするものではありません。あれほど虫が好きだったのに、どんどん重荷になっていきました。今もカブトムシを飼っていますが、せいぜい2~3匹程度です。これぐらいが“楽しい”と思える境目ではないでしょうか」

 カブトムシの繁殖を諦めたゆかりさんは、その後、アパレル会社にも勤めた。

「勤めたといっても、正直に話すと、2日しかもちませんでした。渋谷のアパレル会社で、自称『秒速で1億円稼ぐ男』の与沢翼さんの会社でした。ただ、私の指導担当となった上司がいわゆるギャル男で、仕事のやり方を教えられてもすんなり頭の中に入ってこないのです。ギャル男は『ちゃんと聞いてるのか!』と何度も叱ってくるのですが、それでも上の空でした。与沢さんが、『最近の若者は辛抱が足りなくて続かない』とボヤいているのを後でブログで読みました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る