カブトムシゆかりさん<2>空き倉庫で300匹のカブトムシ養殖

公開日: 更新日:

 大学を1年で中退してすぐ、ゆかりさんは不動産会社に勤務する。

「とはいえ、父の経営する会社です。市議会議員だった祖父が地元に土地を少し所有していて、その資産管理も行っているような小さな不動産屋さんです。私も含め従業員は4、5人ほどで、そこに4月ごろから勤め始めました。とはいえ、小さくても不動産仲介業ですから、宅地建物取引士などの国家資格が必要でした。そのため、何度か試験を受けたのですが、家業ということもあって勉強に身が入らず、何度も落ち続けてしまい、いまだに受かっていません」

 さすがに自分の甘さを痛感したゆかりさんは、一念発起して副業を思いつく。そこは商才に長けた父の娘だ。

「当時、空き家となっていた倉庫物件があり、タダで遊ばせておくのはもったいないと思い、そこでシイタケ栽培をしようと思い付きました。ただし、よく考えてみれば、農協にも登録していないような人が作ったキノコを買ってくれるような人はいない。そのとき、たまたま友人からカブトムシを48匹譲り受けることになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る