中外製薬vs塩野義製薬 インフル治療薬有名企業の社員待遇

公開日: 更新日:

 大流行こそ収まったとはいえ、インフルエンザはまだまだ要警戒です。今回の損得は、そのインフルエンザ治療薬でお馴染みの「中外製薬」と「塩野義製薬」の社員待遇を比較してみます。

 中外製薬は1925年創業の東京都中央区に本社を置く会社です。「タミフル」で有名ですが、売り上げに占めるシェアは3%ほどで、メインは国内トップの「がん領域」「抗体医薬品」です。

 対する塩野義製薬は1878年創業の大阪市に本社を置く会社です。インフルエンザ治療薬トップの「ゾフルーザ」のほか、「♪痛くなったらすぐセデス」の頭痛・生理痛のセデスも有名です。

 前期の連結売上高は中外製薬が5798億円、塩野義製薬は3447億円でしたが、経常利益は中外の1214億円に対し、塩野義が1387億円で上回っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る