認知症行方不明者は全国1.7万人 大阪府2117人でなぜ最多?

公開日: 更新日:

 警察庁が20日、昨年1年間の全国の行方不明者数を発表した。警察に届け出のあった認知症の行方不明者数は、前年比1064人増の1万6927人。統計を取り始めた2012年から、6年連続で増加した。

 驚きなのは、47都道府県で大阪が最多の2117人だったことだ。次いで、埼玉県(1782人)、兵庫県(1585人)、愛知県(1422人)、神奈川県(1280人)、東京都(1246人)と並んでいるが、なぜか大阪だけ2000人を突破している。

 65歳以上の高齢者人口を比べても、大阪は他の都県と大差ない。実際、内閣府の「平成30年版高齢社会白書」(全体版)によると、都道府県人口の上位3つの「65歳以上人口」は、東京316万人、神奈川227万人、大阪239万人である。大阪の高齢者数が突出しているわけでもないのに、なぜ認知症の行方不明者が断トツなのか。大阪府介護支援課に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る