親の介護を苦に自殺…女性より男性が1.5倍も多いのはナゼ

公開日:  更新日:

 11月22日午後6時45分ごろ、認知症とみられる父親(79)を、神戸市の中国自動車道・赤松パーキングエリアに置き去りにしたとして、大津市の無職の女(46)が保護責任者遺棄の疑いで兵庫県警に逮捕された。

 女は「私が面倒を見るより、警察に保護されて施設に入るほうがいいと思った」などと供述しているという。

 老親の介護に疲れ、うつ状態に。ふと「いなくなってくれれば」と、よからぬ考えが頭をよぎり……介護うつが高じて自殺、心中というケースも珍しくない。

 警察庁の統計によると、介護・看病疲れによる自殺は2015年に243人(男性148人、女性95人)、16年に251人(男性151人、女性100人)、17年に206人(男性123人、女性83人)。気になるのは男性が女性の約1・5倍ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る