髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

ネットで芸能人へ誹謗中傷はOUT! 川﨑希さん勇気ある一石

公開日: 更新日:

 元AKB48メンバーの川崎希さんが自身のブログで、無銭飲食をしたなどと書き込んだ相手や、妊娠発表をした際に、「流産しろ」などとメッセージを送った相手を特定する「発信者情報開示請求」を行ったことを明らかにし、ニュースになりました。

「発信者情報開示請求」というのは、簡単にいうと、掲示板などのサイト管理者とOCNやドコモなどのプロバイダーを通じて、ネット上で誹謗中傷投稿を行った者の契約者情報の開示を求める手続きです。名誉毀損罪などの刑事告訴や、慰謝料請求の民事裁判のために行われます。

 以前に、お笑い芸人らが発信者情報開示請求を行ったというニュースはありましたが、川崎希さんのような快活なイメージの芸能人が発信者情報開示請求を行い、その事実がネガティブにとらえられずに広く拡散されたことは、芸能人や著名人の名誉の回復などにかなり大きな影響を与えたと思います。芸能人や著名人は、ネット上で事実無根の誹謗中傷を受けたとしても、従来は芸能人としてのイメージ、芸能事務所のイメージを守るために耐え忍んでいたケースが多いでしょう。しかし、今回の川崎希さんの発信は、この芸能界の常識に一石を投じ、今後、芸能人や著名人による発信者情報開示請求がどんどん行われていくという結果をもたらすのではないかと考えます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか