髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

ネットで芸能人へ誹謗中傷はOUT! 川﨑希さん勇気ある一石

公開日: 更新日:

 元AKB48メンバーの川崎希さんが自身のブログで、無銭飲食をしたなどと書き込んだ相手や、妊娠発表をした際に、「流産しろ」などとメッセージを送った相手を特定する「発信者情報開示請求」を行ったことを明らかにし、ニュースになりました。

「発信者情報開示請求」というのは、簡単にいうと、掲示板などのサイト管理者とOCNやドコモなどのプロバイダーを通じて、ネット上で誹謗中傷投稿を行った者の契約者情報の開示を求める手続きです。名誉毀損罪などの刑事告訴や、慰謝料請求の民事裁判のために行われます。

 以前に、お笑い芸人らが発信者情報開示請求を行ったというニュースはありましたが、川崎希さんのような快活なイメージの芸能人が発信者情報開示請求を行い、その事実がネガティブにとらえられずに広く拡散されたことは、芸能人や著名人の名誉の回復などにかなり大きな影響を与えたと思います。芸能人や著名人は、ネット上で事実無根の誹謗中傷を受けたとしても、従来は芸能人としてのイメージ、芸能事務所のイメージを守るために耐え忍んでいたケースが多いでしょう。しかし、今回の川崎希さんの発信は、この芸能界の常識に一石を投じ、今後、芸能人や著名人による発信者情報開示請求がどんどん行われていくという結果をもたらすのではないかと考えます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る