髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

東須磨小の教師事件はいじめというより「刑法犯の役満」だ

公開日: 更新日:

 神戸・東須磨小での教員同士の「いじめ」のあまりのレベルの低さに、社会の注目が集まっています。「いじめ」という言葉は「いたずら」と同じく、幼稚で無邪気なレベルの行為と誤解・誤認されがちです。しかし、「いじめ」はれっきとした犯罪です。

 まず、目や唇に激辛カレーを塗る行為は「暴行罪」。腫れたり、ただれたりすれば「傷害罪」です。被害者の車の上に乗ったり、車内に飲み物をわざとこぼす行為は「器物損壊罪」です。

 さらに、お酒を無理やり飲ませたり、わいせつメッセージを送信するよう強いる行為は「強要罪」。人格否定の呼称で呼びつける行為は「名誉毀損罪」になります。いずれも懲役刑のある重い犯罪です。

「いじめ」などという無邪気な呼称ゆえ、その違法性や悪質さの印象が薄まってしまっていますが、この通り、今回の東須磨小の事件は「刑法犯の役満」といっても過言ではないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る