髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋倒壊…責任はどこに?

公開日: 更新日:

 今月8日から9日にかけて千葉県に重大な被害を及ぼした台風15号。今もかなり広い範囲で停電や断水が生じています。また建物の倒壊などの被害の実態が徐々に明らかになってきています。

 今回の台風被害で注目されているのが、市原市のゴルフ練習場のポールが倒壊し、隣地の家屋が潰れ、また20代女性がケガを負ったというニュースです。

 このような倒壊事故などが起きた場合、被害に遭った方々はゴルフ場に賠償を求められるのでしょうか。

 まずゴルフ場のポールのように土地に接着して人工的に造られた物を「土地の工作物」といいます。家の屋根瓦や塀も「土地の工作物」にあたります。この「土地の工作物」が今回のように台風で倒れ、また飛ばされるなどして、人のケガや物の損壊を生じさせた場合、「土地の工作物」の管理者や所有者が、被害者に賠償をしなければなりません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る