奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

米国牛肉に投与 肥育ホルモン剤「エストロゲン」の怖さ

公開日: 更新日:

 米国牛肉についての、欧州各国の厳しい目と姿勢。それに対する日本の甘すぎる対応をきのうまで書いてきたが、ここからは「危険」とされるホルモン剤について深掘りしたい。

 米国牛肉に肥育ホルモン剤が与えられていることは説明した。具体的に言えば、エストロゲンというもので、これは「女性ホルモン」とも呼ばれる。どうして牛に与えるのかというと、答えは簡単で、与えると牛の成長が早くなり、体も丸々と大きくなるからだ。大きくなれば、当然多くの肉がとれ、コストダウンと利益に直結する。

 スーパーなどで牛肉を買う人はわかると思うが、いまも米国牛肉は国産和牛に比べて、半分とか3分の1の安さだ。それは肥育ホルモン剤を与えられた牛が早く大きくなって大量生産されているから可能なのである。

 しかし、エストロゲンを含めたホルモン剤には発がん性の疑いがあることは昔から知られたことだ。米国牛肉の禁輸措置をとる欧州は、エストロゲンの中の一種類であるエストラジオールについて、「完全な発がん物質とみなす証拠がある」と発表したほどである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る