可愛すぎる! 母親に叱られた3歳児にそっと寄り添う“親友”

公開日: 更新日:

 子どもをしつける時の“おしおき”は国によってさまざまだが、アメリカには「タイムアウト」と呼ばれる伝統的なおしおきがある。

 悪さをした子どもを部屋の隅などに立たせたり、座らせたりして少しの間、1人にして黙らせる。一定の時間が経った後に、なぜ罰を受けたのかを聞き、子どもが分からないという場合は、諭して理解させる、という方法だ。

 そのタイムアウトを受けている、ある男の子の写真が「可愛すぎる!」と、SNS上で急拡散している。

 NBCの朝のニュース・情報番組「トゥデイ」(2月26日付電子版)などによると、オハイオ州ノーウォークに住むペイトン・スミスちゃん(3)は先日、姉と喧嘩をし、母親のジュリアンさんから「自分の部屋で1人で反省するか、タイムアウトか、どちらかを選びなさい」と言われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る