保護施設の犬を救いたい!少年が始めた心優しい活動とは…

公開日: 更新日:

「動物保護施設にいる犬は、引き取り手が現れなかったら安楽死させられる」--この悲しい現実を知った心優しい少年が始めた活動に注目が集まっている。

 犬が愛らしく見えるように蝶ネクタイを作り、それを動物保護施設に寄付しているのだ。

 米ABCニュース(2月27日付電子版)などによると、この少年は、ニュージャージー州に住むダリウス・ブラウン君(13)。

 ダリウス君は、手や指を使った細かく精密な動作を必要とする運動能力(微細運動スキル)が生まれつき低かった。

 ダリウス君には、ダージャイさんという姉がいる。ダリウス君が8歳の時、リボン型の髪留めを作っている姉をうらやましそうに見ていることに、母親のジョイさんが気づいた。すぐダージャイさんに「ダリウスを助手にしてあげなさいよ」と勧めた。ダリウス君の微細運動スキルを高めるのにピッタリだと思ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る