保護施設の犬を救いたい!少年が始めた心優しい活動とは…

公開日: 更新日:

「動物保護施設にいる犬は、引き取り手が現れなかったら安楽死させられる」--この悲しい現実を知った心優しい少年が始めた活動に注目が集まっている。

 犬が愛らしく見えるように蝶ネクタイを作り、それを動物保護施設に寄付しているのだ。

 米ABCニュース(2月27日付電子版)などによると、この少年は、ニュージャージー州に住むダリウス・ブラウン君(13)。

 ダリウス君は、手や指を使った細かく精密な動作を必要とする運動能力(微細運動スキル)が生まれつき低かった。

 ダリウス君には、ダージャイさんという姉がいる。ダリウス君が8歳の時、リボン型の髪留めを作っている姉をうらやましそうに見ていることに、母親のジョイさんが気づいた。すぐダージャイさんに「ダリウスを助手にしてあげなさいよ」と勧めた。ダリウス君の微細運動スキルを高めるのにピッタリだと思ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る