テレワークで暗雲…妻の機嫌取りは子のしつけを指針にする

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス騒動で、テレワークが急速に普及している。ラッシュでの通勤負担はなくなり、体は楽だが、夫婦関係はどうかというと、必ずしも良くなっているわけではない。妻からは、夫への嫌み節も聞こえる。新型コロナは夫婦関係にも飛び火している。妻の機嫌を取るには、どうするか。

 ◇  ◇  ◇

「子供は休校で、夫も在宅勤務となると、家族全員が自宅にいることになります。いわば、毎日が正月状態で、そんなとき、女性の負担で一番重いのは食事の用意です。夫が料理ができないと、夫婦関係には、ヒビが入りますよ」

 こう言うのは、男女問題研究家の山崎世美子氏だ。

 クックパッドの調査では、8割が「家庭での料理負担が増えた」と実感。72%が「昼食が大変」と答えている。その対象は、休校中の子供を持つ親だから、昼食負担を感じるのは当然だが、子供の有無に関係なくテレワーク夫婦にも、当てはまるだろう。そんな中、妻が確実にカチンとくる夫の言動があるという。山崎氏にヤバい言動と対策を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る