たばこ規制元年への懸念<2>屋内禁煙の法規制に潜む数々の懸念

公開日: 更新日:

 国と都、それぞれの案の問題点を整理してみよう。厚労省は現時点で新たな案を正式には公表していないのでメディアで報じられた内容をベースに検証したい。新案のポイントは、①喫煙可能とする飲食店の店舗面積を150平方メートル以下に緩和②新規開業店や大手チェーンの店舗は原則として喫煙を認めない③加熱式たばこも規制対象――の3点。

 東京都の受動喫煙防止条例の基本的な考え方のポイントは、バー、スナックなどの喫煙可能店舗は「面積30平方メートル以下で、従業員を使用しない店、または全従業員が同意した店、かつ未成年者を立ち入らせない店」で、「利用者が選択可能な掲示を義務付け」が条件となる。その他の飲食店は原則屋内禁煙。面積基準や条件は国よりもはるかに厳しい。ただ、パブコメ(意見公募)で反対が多かった加熱式たばこの規制については対象外とすることを検討中だと伝えられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る