神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

「江戸時代にソープランドがあった」本当なのか?

公開日: 更新日:

 週末になると、スーパー銭湯でゆったりとくつろいでいる人も多いだろう。サウナもあり、マッサージもあり、垢(あか)すりもある。仕事の疲労を抜くのにはなかなかいいものだ。

 江戸時代にも、塩を敷き詰めた蒸し風呂である「塩風呂」や、薬の成分を溶け込ませた「薬湯」などが営業していた。自分の好みにあわせて、さまざまな風呂に入っていたようだ。

 垢すりというサービスも、江戸時代からずっとある。三助という、男性が背中を流すサービスもあるが、湯女(ゆな)という、背中を流す女性もいた。

 当時の絵を見ると、背中だけではなく手ぬぐいで前の方も洗ってくれたようだ。さらに複数の湯女を頼んで体を洗ってもらうこともできたようだ。当時は両方全裸であったから、さぞや悩ましい気分になっただろう。もちろん追加料金を払えばそれ以上のサービスもしてくれた。垢すりつきのソープランドのようなものだから、人気もあった。

 取り締まりにあって、なくなってしまったが、「裸の女性に洗ってもらうだけ」というサービスはいまあってもいいような気がする。もちろんいまでも洗体サービスという形式はあるのだが、江戸時代の方が少し過激だったような気がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に