神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

江戸時代に店が広告費を払う“グルメ”ガイドが存在していた

公開日: 更新日:

 昨今、グルメガイドや旅行ガイドがひしめいている。記事を参考にしている人も多いだろう。

 江戸時代においてもガイドブックは重要なアイテムであった。

 文政7(1824)年に発行された「江戸買物独案内」などは最たるものだろう。

 大阪で発行された江戸の案内で、地方から江戸に出たときのガイドブックである。

 江戸ではどのような店で買い物をすればよいかが住所つきで載っている。このガイドのすごいのは、店から広告料をとっていることだ。どんな名店だろうが、広告料を払わないと載らないのである。

 地方から江戸に来るときはこの本が頼りだから、店としては金を払うしかないという仕組みである。

 江戸はガイドブックブームであり、ガイドブックに載らなければ繁盛は難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る