神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

江戸時代に店が広告費を払う“グルメ”ガイドが存在していた

公開日: 更新日:

 昨今、グルメガイドや旅行ガイドがひしめいている。記事を参考にしている人も多いだろう。

 江戸時代においてもガイドブックは重要なアイテムであった。

 文政7(1824)年に発行された「江戸買物独案内」などは最たるものだろう。

 大阪で発行された江戸の案内で、地方から江戸に出たときのガイドブックである。

 江戸ではどのような店で買い物をすればよいかが住所つきで載っている。このガイドのすごいのは、店から広告料をとっていることだ。どんな名店だろうが、広告料を払わないと載らないのである。

 地方から江戸に来るときはこの本が頼りだから、店としては金を払うしかないという仕組みである。

 江戸はガイドブックブームであり、ガイドブックに載らなければ繁盛は難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る