低迷するクックパッド…60代の株主が損切りを決意した理由

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスショックによって、株式市場は乱高下を繰り返している。そんな中、12月期決算の上場企業の株主総会が開催されている。コロナ以前から業績不振に陥っている企業は、今後をどう乗り切るのか。

 株価が2880円(2015年8月)の最高値から大幅下落し、現在、270円前後の低空飛行を続けるのがレシピサイト最大手のクックパッド。19年12月期は117億5300万円の売上高に対して、営業利益はのれん代の減損損失7億6900万円の計上などで3億600万円。売上高は16年12月期の約70%に落ち込んでいる。

 12年、創業者の佐野陽光氏が社長の座を譲ったのが、女優・菊川怜の夫としても知られるカカクコム元代表取締役の穐田誉輝氏。やり手経営者として評判の高い穐田氏は市場に期待感を持って迎えられた。

「社長に就任後、多角化を推進。ウエディング、育児など、料理だけでなく生活回り全般に投資した結果、売り上げ、利益ともに向上。しかし、そこに水を差したのが佐野氏でした」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る