「空売り」は悪ではない 政府や証券会社は嫌うけれど…

公開日: 更新日:

「空売り」と聞くと、どんなイメージだろうか。

 先日、NY市場で大きな話題になった。ビデオゲーム小売りチェーンの「ゲームストップ」株をめぐって、ヘッジファンドの空売りに対して、若者など小口投資家たちが一斉蜂起し、一泡吹かせたという一件だ。空売りしていた大手ヘッジファンドのメルビン・キャピタルは推定で45億ドル(約4759億円)もの巨額な損失をこうむった。日本でも個人投資家集団が強欲ヘッジファンドを打ち負かし、という勧善懲悪的なストーリーとして大きく紹介されたものだ。

 日本においても「空売り」というと、仕手筋が行う相場操縦に近い悪いイメージがあり、常に株価の右肩上がりを望む政府や取引所、証券会社には歓迎されない手法である。

 しかしながら、「空売り」は、意味のある投資手法なのである。誰もが行き過ぎと思える株価に待ったをかけたり、裏側の不正を暴くケースもある。実は経営破綻したエネルギー大手エンロンの粉飾決算を暴いたのも空売り投資家であった。「空売り」は、実態以上の株価を修正する機能を持つし、市場に流動性を与えるものでもあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る